健康向上に役立つアミノ酸アラ

subpage01

アラとは、正式名の5−アミノレブリン酸を略した敬称で、生命の根源物質ともされるアミノ酸の一種です。
血液の中に含まれるヘモグロビンや、葉緑素の原料となり、生命維持に欠かせない成分です。

ホウレンソウやピーマンのような緑黄色野菜の他、お酢や醤油のような発酵食品にも含まれています。

もともとは、希少価値の高い成分でしたが、現在は、微生物を使った発酵法により、大量に生産されるようになったため、健康食品はもちろん、化粧品や医療品に使用されるようになりました。



では、アミノ酸アラにどのような効果があるのかというと、アンチエイジング、体温の上昇、代謝の上昇、内臓脂肪の減少、ガンの予防などが挙げられます。


アミノ酸アラの一日の摂取量は、2ミリグラム程と推奨されていますが、食事からそれだけの量を摂取するのは大変です。

ホウレンソウなら12キロ、お酒やワインなら2リットル飲食する必要があり、現実的に不可能です。



また、アミノ酸は体に吸収される速度が速いため、一度に大量に摂取するのではなく、何回かに分けて体内に取り込む必要があります。



そのため、3度の食事に積極的に緑黄色野菜や発酵食品など、アラが含まれる食材を摂りながら、食事と食事の間に、サプリメントで補うのが、最も効果的な摂取法と言えるでしょう。


たくさん摂取しても、いらない分は体外に排出されるため、副作用の心配もありません。

毎日の生活に、アミノ酸アラを取り入れてみてはいかがでしょう。

学びたい知識

subpage02

わたしたちの体をつくっているのはタンパク質ですが、そのタンパク質のもとになるのがアミノ酸です。筋肉、内臓、皮膚、血管など体のほぼすべての部分にアミノ酸が含まれています。...

NEXT

注目情報

subpage03

アラは、生命の誕生にも関与したとされる生命の根源物資とされ、血液中のヘモグロビンや葉緑素の原材料となるアミノ酸ですが、現在では医療分野や健康食品分野、化粧品分野、農業分野など広範囲に用いられています。この成分は、黒酢やワイン、日本酒などの発酵食品に多く含まれ、野菜ではほうれん草やピーマンなどの緑黄色野菜にも多く含まれている栄養素ですが、食品から十分な量を摂取するのは難しい上に加齢とともに減少するので栄養保存食品などで摂取する必要があります。...

NEXT

ためになる情報

subpage04

最近注目の成分であるALAは、人間はもちろんのこと、植物や動物といった生物の中に存在しているアミノ酸の一種と言うことができます。非常に重要な役割を果たしている成分ですが、残念なことに、加齢に伴って減少していく傾向を持っています。...

NEXT

初心者向き健康

subpage04

ALAはAminoLevulinicAcidの略です。日本語でアミノレブリン酸になります。...

NEXT